忍者ブログ
歩き遍路日記まとめ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09021135.jpg

JR高松駅に戻ってきました。7.5時間ぐらいぶり。
さて、お楽しみのプチ打ち上げです。

お店はこの場で決めます。わたしたちを置いて、隊長がひとっ走りしてくれました。

打ち上げから参加の大学生を交えて乾杯です。みんなのさわやか&おいしそうな顔が最高。

大学生に、デジカメの画像を見せながらきょうの旅を説明します。自動販売機の前でなんどか立ち止まる話もしました(写真はないけど)。
「意味がわからん」と茶化し笑い合います。

わたしはほんとは意味を知っています。
遅れた者をさりげなく待つため。

わたしたちが茶化して話していても、隊長はじめ隊員のみんなは、
「そうじゃないよ、遅れてるあんたを待つためだよ」
のことばは最後まで言いませんでした。武士並みの潔さです。

横断歩道で信号ひとつ待ってくれたときも、わたしに気兼ねをさせないように、大丈夫? とかのことばはいっさいありません。普通に別の話を続けながら、わたしが横断を終えたのを見て、追いつくまでに歩きを再開です。そもそも、歩くペースを合わせてくれようとはしません。合わせてもらったらこちらが恐縮するし、参加したことを後悔する。隊長をはじめ、みなさんの大きな思いやりの気持ちと受け取りました。

わたしの遍路には信心はありません。参拝も賽銭も納経もしません。邪道なのでしょう、きっと。自分なりの意味合いでの遍路です。
はじめての経験、たった3か寺回っただけ、距離にして15〜17kmといったところ。でも、それが信心とつながるのかどうかはわかりませんが、人間や人生の深淵を垣間見、考え、自然の摂理に想いを馳せ、多くの気づきを得た貴重な体験でした。
(たんに足の痛みと戦っただけなのを誇張して表現してみました。JARO違反的)

プチ宴会がお開きとなり、バスターミナルへ歩いてみると、ショッピング・レインボー循環バスの終バスに間に合いました。

09021136.jpg

楽しかった遠足が終わりました。

隊長はこれが最後の遍路(結願でしょうか?)らしいですが、隊長〜、もう一度回りましょうよ。あと85か寺、歩き遍路したいです。ひとりじゃぜったい無理(わたしの場合)。

でも、ひとりじゃないんですよね。
同行二人かあ。遍路は奥深いです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [19] [20]

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
最新CM
test[03/31 test]
最新TB
プロフィール
Viju
女性
忍者ブログ / [PR]

テンプレート提供 Z.Zone